1. WeatherSpark.com
  2. アメリカ合衆国
  3. カリフォルニア州
  4. Shasta
  5. 12月

12月のShastaにおける平均的な気候 カリフォルニア州、アメリカ合衆国

12月27日の 1 日の平均最低気温は、11°C です。

1 日の最低気温は、3°C から 1°C2°C 下降しますが、-3°C を下回ったり 8°C を上回ることは滅多にありません。 12月31日の 1 日の平均最低気温は 1°C です。

参考のため、年間最高気温を示す 7月25日には、Shastaにおける気温は通常 18°C36°C ですが、年間最低気温を示す 12月31日の気温は 1°C11°C の範囲です。

12月の平均最高・最低気温

1 日平均の高温(赤線)と低温(青線)ならびに 25%~75% 帯および 10%~90% 帯の気温。 細い点線は、対応する平均体感温度です。

以下の数字は、12月を挟む四半期の時間ごとの平均気温の特徴を 1 目でわかるように表示しています。 横軸は日付で、縦軸は時刻、そして色はその時刻の平均気温です。

12月の 1 時間ごとの平均気温

各気温帯を色分けした時間当たりの平均気温:極寒 < -9°C < 凍えそうに寒い < 0°C < 非常に寒い < 7°C < 寒い < 13°C < 涼しい < 18°C < 快適 < 24°C < 暖かい < 29°C < 暑い < 35°C < うだるように暑い。 影付きのオーバーレイは、夜間および市民薄明を示しています。

ハエン、スペイン(9,313 キロメートルの距離)は、非常に異質な場所であり、気温はShastaに最もよく似ています(比較を参照)。

Shastaにおける 12月の天気は、空を覆う雲がほぼ変わらず本曇りまたはほぼ曇りの空模様の可能性は、月を通して約 58% です。

月のうち最も晴れる日は 12月10日であり、快晴晴れまたは一部曇りの可能性は 44% です。

参考のため、年間で最も曇りの日である 1月10日の本曇りまたはほぼ曇りの確率は 60% であり、年間で最も晴れの日である 8月4日の快晴、晴れ、または一部曇りの確率は 90% です。

12月の雲量カテゴリー

雲で覆われた空の割合で区分されるそれぞれの雲量帯の時間割合:快晴 < 20% < < 40% < 一部曇り < 60% < ほぼ曇り < 80% < 本曇り

降水量

降水日とは、少なくとも 1 ミリメートルの降雨または水換算で降水があった日のことです。 Shastaでは、12月中の降水日の可能性は、月初の 37% から月末の 33% まで徐々に減少します

参考のため、1 年の降水日の最大確率は 2月28日40% であり、最小確率は 8月4日2% です。

Shastaでは 12月を通して雨のみの日の確率は、35% から 30% へ減少します。;みぞれの日の確率は、2%を通してほぼ変わりません。;雪のみの日の確率は、0%を通してほぼ変わりません。。

降雨

月合計だけでなく、月内の変化も表示するため、各日付を中心とした 31 日間のスライド累積降雨量を示します。

Shastaにおける 12月の 31 日間スライド平均降雨量は、ほぼ変わらず、月にわたり約 169 ミリメートル となりますが、331 ミリメートル を上回ったり 18 ミリメートル を下回ることは滅多にありません。

31 日間累積量の最高は、12月12日175 ミリメートル です。

12月の平均月間降雨量

対象日を中心とする 31 日間のスライド期間における平均累積降雨量(実線)ならびに 25%~75% および 10%~90% 帯の降雨量。 細い点線は、対応する水換算の平均降雪量です。

降雪量

降雪量は、水換算で報告しています。 新しい降雪の実際の積雪の深さは、地面が凍結していると想定すると通常水換算量の 5 倍から 10 倍です。 降雨量と同様、各日付を中心とした 31 日間のスライド累積降雪量(降水換算)を示します。

Shastaにおける 12月の 31 日間スライド平均降雪量(降水換算)は、ほぼ変わらず、月にわたり約 2 ミリメートル となりますが、16 ミリメートル を上回ったり -0 ミリメートル を下回ることは滅多にありません。

31 日間の累積量(降水換算)の最高は、12月29日3 ミリメートル です。

12月の平均月間降雪量(降水換算)

対象日を中心とする 31 日間のスライド期間における水換算の平均累積降雪量(実線)および 25%~75% および 10%~90% 帯の降雪量。 細い点線は対応する平均降雨量です。

太陽

Shastaでは、12月中の 1 日の長さはほぼ変わりません。 月の最短の日は 12月21日で、昼間時間は 9 時間 16 分です。最長の日は 12月1日で、昼間時間は 9 時間 29 分です。

12月の昼間時間および薄明時間

太陽が見える時間(黒線)。 下(最も黄色)から上(最も灰色)へ、色帯は白昼、薄明(市民、航海、天文)、夜間を示します。

Shastaにおける最も早い日の出は 12月1日7:14 であり、最も遅い日の出はそれより 19 分遅い 12月31日7:33です。

最も早い日の入りは、12月7日16:42 であり、最も遅い日の入りはそれより 10 分遅い 12月31日16:53 です。

Shastaでは 2017年 年に夏時間を設定していますが、12月には開始または終了せず、その月全部が標準時間となっています。

参考のため、日中時間が 1 年で最も長い 6月21日には、日の出は 5:39 で、日の入りは 15 時間 5 分後の 20:44 となりますが、日中時間が 1 年で最も短い 12月21日には、日の出は 7:30 で、日の入りは 9 時間 16 分後の 16:46となります。

12月における日の出および日の入りと薄明時刻ならびに夏時間

12月における太陽日。 下から上へ、黒線は前回の正子、日の出、正午、日の入り、次の正子を示します。 昼間、薄明(市民、航海、天文)および夜間は、黄色から灰色の色帯で示されています。

湿度

湿度快適性は、露点に基づいています。なぜなら、露点は汗が皮膚から蒸発し、身体を冷却するかどうかを決定するからです。 露点が低ければ乾燥していると感じられ、高ければより湿気を感じます。 昼間と夜間で大きく変化する気温と異なり、露点の変化はより緩慢なので、気温が夜に下がっても、湿度の高い日は湿度の高い夜に続くことがよくあります。

Shastaにおいて 12月の特定の日が蒸すく確率は、ほぼ変わらず、月にわたり約 0% になります。

参考のため、1 年のうち最も蒸す日である 7月20日の蒸す可能性は 0% で、最も蒸さない日である 1月1日の蒸す可能性は 0% です。

12月における湿度快適性レベル

露点によって区分される湿度快適性レベルの時間割合:乾燥 < 13°C < 快適 < 16°C < 高湿 < 18°C < 蒸す < 21°C < 蒸し暑い < 24°C < 不快

このセクションは、地上 10 メートルにおける時間ごとの広域平均風ベクトル(風速および風向き)を説明しています。 特定の場所で発生する風はその地域の地形やその他の要素に大きく左右され、瞬間の風速や風向きは時間平均より大きく変化します。

Shastaにおける 12月の平均風速(時速)は、ほぼ変わらず、月にわたり 時速 0.1 キロメートル から 時速 7.2 キロメートル の範囲となります。

参考のため、最も風が強い日である 3月28日の 1 時間当たりの平均風速は 時速 7.5 キロメートルであり、最も穏やかな日である 8月9日の平均風速は 時速 6.5 キロメートルです。

12月における 1 日当たりの最高平均風速は、12月14日時速 7.3 キロメートル です。

Shastaにおける 12月の風向きは、圧倒的にからで、そのピークは 12月31日48% です。

12月の風向き

平均風速が 2 km/h未満の場合を除く、平均風向きが 4 つの主要方向(北、東、南、西)である時間の割合 。 境界区域で薄く色づけされた領域は、中間方向(北東、南東、南西、北西)の時間割合です。

成長季

成長季の定義は世界中で様々ですが、このレポートにおいては、1 年間(北半球では暦年、南半球では 7月1日~6月30日)における非凍結気温(≥0°C)の連続した最長期間と定義しています。

Shastaにおける成長季は通常、3月13日頃から 11月17日頃まで 8.1 か月249 日)続き、2月13日以前または 4月10日以降に始まったり、10月30日以前または 12月4日以降に終わったりすることは滅多にありません。

Shastaの 12月は、その全体が成長季外となる可能性があり、特定の日が成長季に入る可能性は、12月26日-0%と低くなります。

12月の各種気温帯および成長季における経過時間

各気温帯における平均時間:極寒 < -9°C < 凍えそうに寒い < 0°C < 非常に寒い < 7°C < 寒い < 13°C < 涼しい < 18°C < 快適 < 24°C < 暖かい < 29°C < 暑い < 35°C < うだるように暑い。 黒線は、特定の日が成長季に入る確率をパーセントで示しています。

成長度日とは、植物や動物の成長を予測するために使用される年間の熱の蓄積量であり、最高気温を超える分を除外した、基準温度を超える暖かさの積分値と定義されています。 このレポートでは、基準として 10°C を、上限として 30°C を使用します。

12月のShastaにおける平均積算成長度日は、2,362°C6°C基本的に変わりません

太陽エネルギー

本セクションでは、1 日の長さの季節変動、太陽の地平線上の高さ、雲による吸収その他の大気条件を全面的に考慮した、広範囲における地表へ到達する 1 日の合計入射短波太陽エネルギーについて考察します。 短波日射には、可視光および紫外線が含まれます。

Shastaにおける 12月の 1 日当たりの平均入射短波太陽エネルギーは、ほぼ変わらず、月内では 0.1 kWh から 1.9 kWh の間に収まります。

12月における 1 日当たりの最低平均入射短波太陽エネルギーは、12月20日1.8 kWh です。

12月における 1 日当たりの平均入射短波太陽エネルギー

地表に達する 1 日の平方メートル当たりの平均短波太陽エネルギー(オレンジ色の線)ならびに 25%~75% および 10%~90% 帯の太陽エネルギー。

地形

このレポートのため、Shastaの地理座標は緯度 40.599 度、経度 -122.492 度、標高 331 mです。

Shastaから 3 キロメートル以内の地形の標高差は、非常に顕著で、最大標高差は 468 メートル、平均標高は海抜 351 メートルです。 16 キロメートル以内の標高差(1,751 メートル)は、非常に顕著です。 80 キロメートル以内の標高差(2,684 メートル)も、極めて大きいです。

Shastaから 3 キロメートル以内は 潅木93%)で覆われ、16 キロメートル以内は 潅木54%)、樹木18%)で覆われ、80 キロメートル以内は、樹木44%)、潅木33%)で覆われています。

データソース

このレポートは、Shastaにおける 1980年1月1日~ 2016年12月31日の時間ごとの気候レポート履歴の統計的分析とモデル再構築に基づく年間の代表的な気候を示しています。

気温および露点

Shastaにおける気温および露点予測に寄与できる十分な近さにある測候所は 3 つあります。

それぞれの測候所に対して、レコードはその測候所とShastaの標高差について国際標準大気(International Standard Atmosphere)およびMERRA-2 衛星時代再解析において 2 か所間に存在する相対的な差異に従い補正されます。

Shastaにおける予測値は各測候所からの個々の測定値の重み付き平均として計算されます。重みはShastaと当該測候所の距離に反比例します。

この再構築に寄与する測候所は、Redding Municipal Airport (70%、19 キロメートル、南東);Lonnie Pool Field Weaverville Airport (22%、40 キロメートル、北西);Mount Shasta (8%、83 キロメートル、北)です。

その他のデータ

太陽の位置(日の出や日の入りなど)に関するすべてのデータは、ジャン・メーウスの著作、太陽、月および惑星の星座表を使用して計算されています。

雲量、降水量、風速および風向き、大要束などのその他すべての気候データは、NASA のMERRA-2 Modern-Era Retrospective Analysis からのものです。 この再解析は、最先端の全地球気候モデルにおける広範にわたる各種測定値を組み合わせ、全世界を 50 キロメートルのグリッドに区分した 1 時間当たりの気候履歴を再構築したものです。

土地の使用データは、国際連合食糧農業機関が公開したグローバル土地被覆 シェア(Global Land Cover SHARE)データベースに基づいています。

標高データは、NASA のジェット推進研究所が公開しているシャトルレーダートポグラフィーミッション(SRTM)に基づいています。

場所および空港の名前、位置、タイムゾーンは、GeoNames 地理情報データベースからのものです。

空港と測候所のタイムゾーンは AskGeo.com に基づいています。

地図は、© Esri および National Geographic、Esri、DeLorme、NAVTEQ、UNEP-WCMC、USGS、NASA、ESA、METI、NRCAN、GEBCO、NOAA、iPC からのデータです。

Disclaimer

このサイトの情報は、正確性または特定の目的への適合性への保証なしにもそのままの形で提供されます。 気候データには誤り、不備、その他の瑕疵が発生しがちです。 本サイトで提供された内容に基づくいかなる決定についても責任を負いません。

多くの重要なデータ系列による、MERRA-2 モデルに基づく再現性への依存については、特に細かい注意を払っています。 これらの再現モデルには時間的および空間的な完全性による大きな利点がある一方、(1)モデル由来のエラーの可能性が避けられないコンピュータモデルに基づいている、(2)50 kmごとのグリッドでの密度の粗いサンプリングのため、多くの微小区域における気候変動を再現できない、(3)特に小さな島などの沿岸地域における気候については困難が伴うという特徴があります。

また、当社の点数は、それが基づくデータの質に依存しており、特定の場所および時点の天候には予測不能で変動的な面があること、点数の定義には、特定の読者が同意しないかも知れない特定のプリファレンスを反映していることに十分注意する必要があります。