ポンティアナック における 1950年の気象履歴 インドネシア

このレポートのデータは、スパディオ空港からのものです。 近隣の測候所のすべてを表示

このレポートは、ポンティアナック の過去の気象を示しており、1950年の気象履歴を提供しています。 これには、ポンティアナック における 1950年の気温履歴を含むすべての気象データ履歴を網羅しています。 グラフをクリックすることで、年、月から日レベルに至るまで絞り込んだレポートを入手する することができます。

マップ
マーカー
© OpenStreetMap contributors

ポンティアナック を他の都市と比較:

マップ

ポンティアナックにおける 1950年の昼間および薄明時間

ポンティアナックにおける 1950年の昼間および薄明時間1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月0 時間24 時間4 時間20 時間8 時間16 時間12 時間12 時間16 時間8 時間20 時間4 時間24 時間0 時間12 時間 6 分9月23日12 時間 6 分9月23日12 時間 8 分12月22日12 時間 8 分12月22日12 時間 7 分3月21日12 時間 7 分3月21日12 時間 7 分6月22日12 時間 7 分6月22日
太陽が見える時間(黒線)。 下(最も黄色)から上(最も灰色)へ、色帯は白昼、薄明(市民、航海、天文)、夜間を示します。

ポンティアナックにおける 1950年の日の出および日の入りと薄明時刻

ポンティアナックにおける 1950年の日の出および日の入りと薄明時刻1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月0時0時2時2時4時4時6時6時8時8時10時10時12時12時14時14時16時16時18時18時20時20時22時22時0時0時11月4日5:5211月4日5:5219:002月11日19:002月11日11月4日17:5911月4日17:596:532月13日6:532月13日夏時間4月30日夏時間4月30日
1950年年を通した太陽日。 下から上へ、黒線は前回の正子、日の出、正午、日の入り、次の正子を示します。 昼間、薄明(市民、航海、天文)および夜間は、黄色から灰色の色帯で示されています。 夏時間へまたは夏時間からの遷移は「DST」ラベルで示されています。

1950年のポンティアナックにおける太陽仰角とアジマス

1950年のポンティアナックにおける太陽仰角とアジマス1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月0時0時2時2時4時4時6時6時8時8時10時10時12時12時14時14時16時16時18時18時20時20時22時22時0時0時0000101010202020203030303040404050505050606060607080800000101010102020203030303040404040505050606060607070707080
西
1950年 年を通した太陽仰角と方位角。 黒い線は、一定の太陽仰角(度で表す地平線上の太陽の角度)の線です。 塗りつぶされた背景色は、太陽の方位角(磁針方角)を示します。 基本方位の境界にある薄い色の部分は、中間方位(北東、南東、南西、北西)を示します。

ポンティアナック における 1950年の月の出、入り、月相

ポンティアナック における 1950年の月の出、入り、月相1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月0時0時4時4時8時8時12時12時16時16時20時20時0時0時1月4日1月4日1月18日1月18日2月3日2月3日2月17日2月17日3月4日3月4日3月18日3月18日4月3日4月3日4月17日4月17日5月2日5月2日5月17日5月17日5月31日5月31日6月15日6月15日6月30日6月30日7月15日7月15日7月29日7月29日8月14日8月14日8月27日8月27日9月12日9月12日9月26日9月26日10月11日10月11日10月26日10月26日11月10日11月10日11月24日11月24日12月9日12月9日12月24日12月24日
月が地(水)平線上にあるとき(薄青色)の時間と新月(濃灰色の線)および満月(青い線)を示す。 影付きのオーバーレイは、夜間および市民薄明を示しています。

このレポートに使用されたデータソースの詳細は、スパディオ空港 ページにあります。

近隣の測候所のすべてを表示

免責条項

このサイトの情報は、正確性または特定の目的への適合性への保証なしにもそのままの形で提供されます。 気候データには誤り、不備、その他の瑕疵が発生しがちです。 本サイトで提供された内容に基づくいかなる決定についても責任を負いません。

多くの重要なデータ系列による、MERRA-2 モデルに基づく再現性への依存については、特に細かい注意を払っています。 これらの再現モデルには時間的および空間的な完全性による大きな利点がある一方、(1)モデル由来のエラーの可能性が避けられないコンピュータモデルに基づいている、(2)50 kmごとのグリッドでの密度の粗いサンプリングのため、多くの微小区域における気候変動を再現できない、(3)特に小さな島などの沿岸地域における気候については困難が伴うという特徴があります。

また、当社の点数は、それが基づくデータの質に依存しており、特定の場所および時点の天候には予測不能で変動的な面があること、点数の定義には、特定の読者が同意しないかも知れない特定のプリファレンスを反映していることに十分注意する必要があります。

サービス規約ページにある全規約をご確認ください。